春色レシピ

材料(12個分)

2合

360cc

昆布

3~4cm角

合わせ酢

 ├ 酢

大さじ3弱

 ├ 砂糖

大さじ2

 └ 塩

小さじ2/3

白ゴマ

大2

塩鮭

2切れ

青じそ

4枚

1個

少々

砂糖

少々

サラダ油

適量

いなりあげ(味付き)

6枚

トッピング(イクラ、カニ身、さやえんどう、菜の花、あなご、えびなど)

春色いなり寿司

時間30分(ご飯を炊く時間は除く)

作り方

炊飯器に洗った米、分量の水、汚れを拭いた昆布を入れて30分置いてから普通に炊く。

合わせ酢の調味料は合わせておく。鮭はグリルで焼いて細かくほぐしておく。卵は溶いて塩と砂糖で調味し、油をひいた鍋に入れ箸3~4本で混ぜながら炒り卵を作る。青じそは千切りにする。いなり揚げは半分に切って袋状に開く。

ご飯が炊けたら昆布を取り出して飯台に移し、合わせ酢をまわし入れてうちわで扇ぎながらご飯を切るようにして混ぜ、鮭と白ゴマ、青じそを加えて混ぜ合わせる。

冷めたら12等分にし、軽く握っていなりあげの口に詰めて炒り卵を載せ、好みのトッピングを載せる。

ここがポイント

  • ひな祭りには欠かせないちらし寿司。今回はいなり寿司に彩のよいトッピングを載せて可愛らしいちらし風いなり寿司の紹介です♪

  • いなり揚げは裏返しても表情が違ってみえて華やかになります。

  • 今回は味付きのいなり揚げを使用しましたが、お家で手作りする場合は・・ダシ汁1カップ、醤油大さじ2、砂糖大さじ3、酒大さじ1で油揚げを煮含めれば出来上がります。

この料理によく合うお酒

【正宗印・冷用酒】720ml
ブルーグリーンのレトロな丸型ボトルに昭和初期のラベルをアレンジした樹脂ラベルを採用し、古くて新しい雰囲気を表現。酒質はうまみのある辛口酒に樽酒をブレンドし味わいのある冷用酒としました。