おひなまつりレシピ

材料(2人分)

寿司飯

200g

塩鮭

1切

大葉

3枚

2個

菜の花

2本

三つ葉

4本

れんこん

3cm

炒りごま

小さじ2

├ だし昆布(3cm角)

1枚

├ 酢

大さじ3

├ 砂糖

小さじ2

└ 柚子こしょう

小さじ1/4

お雛様の茶巾寿司
時間

25分

作り方

塩鮭はグリルで焼き、骨と皮を除いてほぐしておく。大葉は粗みじんに切り、卵は塩少々を加えて薄焼き卵を作る。菜の花と三つ葉はさっと茹でておく。

れんこんはいちょう切りにして酢水に浸ける。鍋にAとれんこんを入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止めてそのまま冷ます。

ボウルに寿司飯と鮭、大葉、れんこん(飾り用に2枚残しておく)、炒りごまを入れて混ぜ合わせる。

薄焼き卵を広げ、1/4量のを載せて包んで三つ葉で結ぶ。これを4つ作り、2個は菜の花を、残りの2個はれんこんを飾って出来上がり。

ここがポイント

  • 「お内裏様」と「お雛様」に見立てた可愛らしい茶巾寿司です。

  • 中の具材をアナゴや海老、イクラなどにかえて、いろいろな茶巾寿司を作っても楽しいですね。プチトマトを載せて顔に見立てるとかわいいですよ♪

  • れんこんを漬ける甘酢に柚子こしょうを加えているので、寿司飯にシャキシャキした食感と柚子こしょうの風味がプラスされて大人の茶巾寿司に仕上がっています。

この料理に使用したお酒

嘉宝蔵 生もと特別純米

嘉宝蔵 生もと特別純米
神戸セレクション5認定日本酒、フルーティーな日本酒の香りと味のバランスが絶妙な辛口の純米酒。生もと造り特有のキレとふくらみのあるコクをお楽しみください。今も伝承が生き続ける酒蔵で、厳冬期に醸された酒の中から小島喜代輝が厳選した単一蔵原酒を用いています。