春のおつまみレシピ

材料(2人分)

かぶ

3個(300g)

かぶの茎の部分

200g

桜の塩漬け

8g

だし昆布(3cm角)

1枚

├ 酢

大さじ1

├ みりん

大さじ1/2

├ 昆布の漬け汁

小さじ2

└ 砂糖

小さじ1/2

かぶの桜漬け
時間

40分

作り方

かぶは皮をむいて1mm幅のいちょう切りにし、茎の部分は5mm幅に切る。だし昆布はひたひたの水に浸け、柔らかくなったら細切りにする。

ボウルにかぶと茎、桜の塩漬けを塩ごと入れて軽く揉み込み、15分ほど馴染ませてから水気を絞る(塩気が強いようならさっと洗う)。

Aとだし昆布を合わせてを加えて和え、15分程馴染ませれば出来上がり。

ここがポイント

お花見の季節がやってきました♪ 今年は桜を目で見て…そして食べて楽しみませんか?!

  • 桜の塩漬けとは、桜の花を梅酢と塩で漬けたもので、お祝いの席で桜湯にして、また桜ご飯や和菓子などに用いられます。スーパーや製菓材料展で購入できます。

  • ご飯のお供に、そしてお酒のおつまみにもなるのでお花見には欠かせない一品ですよ。

この料理によく合うお酒

すだち冷酒

菊正宗 すだち冷酒 900mLパック

ロックがオススメ、すだちが爽やかな和のリキュール

国産すだち果汁のすがすがしい香りと爽やかな酸味がまろやかな日本酒と相まって、驚きの飲みやすさを実現しました。氷を入れたグラスに注ぐだけで手軽に果汁入りの日本酒ロックができあがります。

食前酒はもちろん、食中酒としてもおすすめです。