土用の丑レシピ

材料(2人分)

そば(乾麺)

2束

うなぎの蒲焼

1/2尾

├ 添付の蒲焼のたれ

1/2袋

└ 酒

小さじ2

山芋

200g

みょうが

1本

きゅうり

1/2本

練りわさび

少々

うずらの卵

2個

麺つゆ

適量

うなとろ蕎麦
時間

25分

作り方

うなぎの蒲焼は1cm幅に切ってフライパンに並べ、Aをまわしかけて蓋をし、弱火で3分程蒸し焼きにする。

山芋は皮をむいてすりおろし、みょうがは千切りにする。きゅうりは輪切りにし、塩小さじ1/3を揉み込んで5分ほど置き、さっと洗って水気を絞る。

そばを袋の表示通りに茹でてザルにあげ、冷水で揉み洗いして水気を切る。器に盛り付け、(1)(2)、うずらの卵、わさびを載せる。麺つゆをかけて出来上がり。

ここがポイント

冷たいお蕎麦にたっぷりのとろろと鰻を載せました。あっさりといただけて夏バテ対策にもなる一品です。

  • 鰻の蒲焼は酒と蒲焼のたれで蒸し焼きにすることでふっくらおいしく仕上がりますよ。

  • 大和芋や長芋でも代用できます。

この料理によく合うお酒

菊正宗 樽酒
「樽酒」は吉野杉の爽やかな香りが特徴の本格辛口本醸造酒です。吉野杉の樽に辛口の日本酒を詰めて、最適な期間貯蔵すると杉の香りが見事に調和し、飲み頃となります。和洋中問わず濃厚な味付け・香辛料を多く使った料理などにも合わせやすい日本酒です。