秋の長夜のお月見レシピ

材料(2人分)

うずらの卵

6個

サラダ油

適量

刻みねぎ

適量

├ 鶏ミンチ肉

180g

├ 白ねぎ(みじん切り)

1/3本

├ おろし生姜

小さじ1/2

├ 片栗粉

小さじ1

├ 溶き卵

1/2個分(またはうずらの卵1個)

└ 塩、こしょう

各少々

├ 濃口醤油

大さじ1と1/2

├ 酒

大さじ1

├ みりん

大さじ1

└ 砂糖

大さじ1

お月見つくね
時間

20分

作り方

ボウルにAを入れて粘り気が出るまでしっかり練り混ぜる。6等分にして形を整え、真ん中にくぼみを作る。

フライパンにサラダ油を熱し、(1)を入れて片面に焼き色を付けから弱火にして蓋をし、中まで火を通す。ひっくり返して裏面にも焼き色を付ける。

Bを入れて軽くとろみがつくまで絡めたら、くぼみの部分にうずらの卵を割り入れ、蓋をして1分程蒸し煮する。器に盛り付け、刻みねぎをかけて出来上がり。

ここがポイント

9月といえば十五夜、古来よりこの日に菊酒を飲んで災厄を祓ってきたそうです。月見酒をいただきながら秋の夜長を楽しみませんか。

  • 甘辛い照り焼きソースと半熟卵をよく絡ませてお召し上がりください。好みで一味唐辛子や辛子マヨネーズをかけてもおいしいですよ。

この料理によく合うお酒

菊正宗 樽酒
「樽酒」は吉野杉の爽やかな香りが特徴の本格辛口本醸造酒です。吉野杉の樽に辛口の日本酒を詰めて、最適な期間貯蔵すると杉の香りが見事に調和し、飲み頃となります。和洋中問わず濃厚な味付け・香辛料を多く使った料理などにも合わせやすい日本酒です。