土用の丑の日レシピ

材料2人分

うなぎの蒲焼

1/2尾

うなぎ蒲焼のタレ

小さじ1

きゅうり

1本

トマト

1個

生姜

1/2かけ

茗荷

1個

【A】

 ├ 酢

大さじ3

 ├ だし汁

大さじ2

 ├ 砂糖

大さじ1

 ├ みりん

小さじ2

 └ 薄口醤油

小さじ1/2

うなぎときゅうりとトマトのうざく風
時間

20分

作り方

うなぎは1cm幅に切る。きゅうりは小口切りにし、塩小さじ1/3をふって揉み込み、5分ほど馴染ませた後、さっと洗って水気を絞る。トマトは横半分に切って種を除き、1.5cmの角切りにする。生姜と茗荷は千切りにする。

小鍋に【A】を入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止めて冷ます。

ボウルに①②、うなぎ蒲焼のタレを入れてざっくりと混ぜ合わせれば出来上がり。

ここがポイント

うなぎの蒲焼にきゅうりとトマト!夏を代表する食材で作る「うざく」です。夏バテに効果的なうなぎと酢の効果で食欲も増してお酒も進みます♪

  • ③の行程ですぐに食べても美味しいですが、冷蔵庫で15分位おくと味が馴染んで更に美味しくいただけます。

  • 土用の丑の日には、相性の良いうなぎの蒲焼と菊正宗 樽酒を合わせてみてはいかがですか。

この料理によく合うお酒

菊正宗 樽酒

菊正宗 樽酒

吉野杉の爽やかな香りが特徴の本格辛口本醸造酒
吉野杉の樽に辛口の日本酒を詰めて、最適な期間貯蔵すると杉の香りが見事に調和し、飲み頃となります。和洋中問わず濃厚な味付け・香辛料を多く使った料理などにも合わせやすい日本酒です。