土用の丑の日レシピ

材料2人分

うなぎの蒲焼

2/3尾

固めに炊いたご飯

1合分(330g)

すし酢

 ├ 酢

大さじ1強

 ├ 砂糖

大さじ1

 └ 塩

小さじ1/3

白ごま

大さじ1

わさび

適量

トッピング
(生姜の甘酢漬け、木の芽、
マヨネーズ、とびっこ等)

各適量

うなぎの手まり寿司
時間

25分

作り方

うなぎの蒲焼に付属のたれをかけ、ラップをしてレンジで20秒加熱し、粗熱が取れたら10等分に切る。

炊きたてのご飯を飯台等に移し、合わせておいたすし酢と白ごまをまわし入れてしゃもじで切るように混ぜ、うちわであおいで人肌程度まで冷ます。

ラップを広げ、①のうなぎをのせてわさびを塗り、②のご飯をのせて丸く包む。これを10個作り、好みのトッピングをのせれば出来上がり。

ここがポイント

一口サイズで食べやすいうなぎの手まり寿司のご紹介です♪

  • 色とりどりのトッピングで華やかに仕上げているので、おもてなしにもぴったり。

  • 脂ののったうなぎの蒲焼には相性のよい樽酒を合わせて♪ 爽やかな杉の香りがうなぎの旨みを引き立ててくれます。

この料理によく合うお酒

菊正宗 樽酒

菊正宗 樽酒

吉野杉の爽やかな香りが特徴の本格辛口本醸造酒
吉野杉の樽に辛口の日本酒を詰めて、最適な期間貯蔵すると杉の香りが見事に調和し、飲み頃となります。和洋中問わず濃厚な味付け・香辛料を多く使った料理などにも合わせやすい日本酒です。