冷酒に合うレシピ

材料(2人分)

牡蠣(生食用)

200g

万能ねぎ

150g

 酒

100cc

 水

100cc

 白みそ

大さじ3

 酢

大さじ2

 砂糖

大さじ3

 辛子

少々

ふっくら牡蠣とネギのぬた
時間

20分

作り方

牡蠣は片栗粉大さじ1(分量外)を振ってやさしく揉み洗いし、流水で洗い流してザルに上げる。万能ねぎはさっと塩茹でして冷水にとり、3cm長さに切って水気を絞る。

鍋にAを入れて火にかけ、ひと煮立ちしたら①の牡蠣を入れて1~2分煮込み、牡蠣がふっくらしたら火を止めてそのまま粗熱を取る。

ボウルにBを入れて混ぜ合わせ、食べる直前に水気を拭いた牡蠣とねぎを加えて和える。

ここがポイント

軽く火を通したミルキーな牡蠣と芳醇な香りとフルーティー感が特徴の「しぼりたてギンパック」の相性はバツグン。甘みの強い白みそで作る濃厚な酢味噌を合わせれば最強の組み合わせ間違いなしです♪

  • 牡蠣と酢味噌のまったりした後味が口の中にまだ残っている状態で「しぼりたてギンパック」を飲むのがおススメです。

  • 牡蠣は加熱しすぎると縮むので牡蠣が温まってふっくらしたところで火を止めるのがポイント。残った牡蠣の煮汁はだし汁を足してお吸い物や雑炊にするとおいしいですよ。

この料理によく合うお酒

菊正宗 しぼりたてギンパック

菊正宗 しぼりたてギンパック

日常酒の概念を変える!
独自の新酵母によりひきだされる大吟醸のようなフルーティーな香りが特長。
しぼりたてを生のまま低温貯蔵し、パック詰する時のみ加熱処理。それにより新酒のようなフレッシュ感を味わってもらえるお酒になりました。