冷酒に合うレシピ

材料(2人分)

鶏もも肉(大)

1枚

新じゃが(小)

4~5個(200g)

にんにく

2個

ローズマリー(葉のみ)

2枝分

オリーブオイル

適量

塩、粗挽きこしょう

各適量

小さじ2

付け合わせ(プチトマト、レモン、ローズマリー)

各適量

パリパリチキンと新じゃがのローズマリー焼き
時間

30分(鶏肉を漬け込む時間は除く)

作り方

鶏もも肉は肉厚の部分に切り込みを入れて厚さを均一にしてから皮目をフォークで数か所刺す。少し多めに塩、粗挽きこしょうをふりって2等分に切る。新じゃがは洗って水気を拭かずにラップで包み、レンジで加熱(600Wで4分が目安)し、そのまま粗熱を取って半分に切る。にんにくはスライスする。

厚手のビニール袋に鶏もも肉、にんにく1かけ分、ローズマリーの葉1枝分、オリーブオイル大さじ2を入れて軽く揉み、30分から1時間馴染ませる。新じゃがは一口大に切って別のビニール袋に入れ、にんにく1かけ分、ローズマリーの葉1枝分、オリーブオイル大さじ1、塩、粗挽きこしょう各少々を入れて30分から1時間馴染ませる。

フライパンを熱し、②をオイルごと入れ、鶏肉は皮目を下にして酒を振り、パリパリになるまでじっくり焼いて裏返して3分焼く(その際、にんにくは焦げる前に取り出す)。また裏返して皮面を2分焼く。じゃが芋は時々転がしながら焼き色を付ける。

器に盛り付け、付け合わせの材料を添えて出来上がり。

ここがポイント

鶏もも肉と新じゃがをローズマリーとにんにくが香るオリーブオイルで漬け込んで焼きました。鶏肉の皮目をじっくり焼いているので皮はパリッと中はジューシー♪ 新じゃがならではのごろっとした皮つきポテトは鶏から出た旨みを吸わせながら仕上げます。

  • 鶏肉の皮をフォークで刺すことで余分な油が抜けやすく、味が染み込みやすくなります。

  • きりっと冷やした 菊正宗「しぼりたてギンパック」は洋食との相性はバツグン。ワイングラスに注ぎ、食卓で華やかな香りとフレッシュな味わいをお楽しみください。

  • 鶏肉に酒を振って焼きますが、 その際、菊正宗「しぼりたてギンパック」を使うと香りが広がり更に相性がよくなりますよ。

この料理によく合うお酒

菊正宗 しぼりたてギンパック

菊正宗 しぼりたてギンパック

日常酒の概念を変える!
独自の新酵母によりひきだされる大吟醸のようなフルーティーな香りが特長。
しぼりたてを生のまま低温貯蔵し、パック詰する時のみ加熱処理。それにより新酒のようなフレッシュ感を味わってもらえるお酒になりました。