2009年2月12日

東京・四谷 一処・海の宝★グルメレポート前編★

こんにちは。
和モダン.com(TOKYO)のハナコです。
今回のブログは東京の美食スポットをご紹介するグルメレポです


地下鉄・丸の内線「四谷三丁目」駅から新宿通りに沿って歩くこと数分、
地図通りに横道に入るとどんどん住宅街の中に入っていきます。
「こんな住宅街に本当にあるの?」
と、不安になりながら歩いていくとありました~!

一処 海の宝 さん♪♪

大きな赤いのれんと魚の絵の看板が目印です。

0901iriguti-R.jpg

fish pcture-R.jpg


こちらのお店はその名の通り
海の幸がふんだんに味わえます。
店主の海谷(かいや)さん自らが毎日築地に出向いて
食材を仕入れていらっしゃるそうです。

メニューもあるのですが、私たちは今回おすすめで頂くことにしました。

まずは、菊正宗の大人気・雫瓶シリーズ「樽酒」で乾杯

菊正宗の樽酒は本格的な辛口本醸造酒を天然の吉野杉の樽に詰め
一番香りの良い飲み頃に取り出した本格樽酒。
和洋中を問わずどんなお料理にもぴったりと合うんです♪
突き出しと一緒に頂きました。

0901taruzake.jpg


天然鯛とほたてのほうれん草和え
やりいか

美味しくてお酒が進みます

突き出しを頂いているとスタッフさんが
運んでくださったのは4種類もの醤油皿。

0901shouyu-zara.jpg

土佐醤油2皿とポン酢2皿。
次のお刺身の盛り合わせ用とのこと。

一人前で4皿も醤油皿が用意されるなんて
一体どうお刺身を頂くのかしら?
嫌が応にも期待が高まります。

そこで登場・お刺身の盛り合わせ10点盛!!


0901moriawase.jpg


見て下さい~~
この豪華さ★★
思わず歓声をあげてしまいました。


・ カワハギの薄造り
・ かますの炙りと刺身
・ さより
・ のどぐろの湯霜造り
・ ほっき貝
・ 青柳
・ あじ
・ あおりいか
・ 白いか
・ やりいか
・ とんび
・ やりいかの白子


どこから手をつければよいの~~~?!
と一緒に取材に行ったヨーコさんと大はしゃぎO(^^)O

土佐醤油とポン酢とあるのに加え、
薬味もわさび、ねぎ、しょうが、おろしと
あるので色々な味で楽しめます♪

肝醤油をつけて頂くカワハギの美味しかったこと!
肝はとろっとしていてつるっといけます。
肝のクリーミーさが絶妙でした。
肝はかなり下ごしらえしているそうで臭みがまったくなかったです。

かます炙りお刺身で頂きました。
同じお魚を調理の違いによって一度に味わえる、
そういう楽しみ方ができるのもこのお店ならでは。
店主の海谷さんの腕が光ります。
炙りはお魚本来の味が更にしっかりと味わえる感じがしました。

のどぐろは初めて頂いたのですが、
白身でありながらも濃厚な味わいに舌鼓を打ちました。

いちいち全てが美味でした!!!
取材でありながらお酒も進んでしまい^^;
おかわりをオーダー。

菊正宗 上撰 お燗酒
0901kanzake.jpg

菊正宗の上撰のお酒は飲み飽きしない本流辛口。
お魚料理との相性もピッタリです


***********まだまだ次回に続きます***********

投稿者 wamodern.com : 10:15 | コメント (0)

コメント

コメントの投稿