2010年7月29日

神戸「蛸の壺」グルメレポート

こんにちは。和モダン.com(KOBE)KONISHIです。

梅雨明けとともに、厳しい暑さが続いています。
夏バテかも・・・という方もいらっしゃるかもしれません!?

P1040531.JPG

今回のグルメレポートは、この時期にはぴったりのお店。
神戸は元町にある、知る人ぞ知る明石焼の名店『蛸の壺』を訪れました。

こちらは親子二代にわたり、50年以上も続く老舗のお店です。
と言っても、決して堅苦しくなく、美味しいお料理がリーズナブルに楽しめ、
何とも心地よい気分になれる雰囲気のいい癒し系のお店なのです!

それでは、まずは名物『明石焼』から♪
P1040540.JPG

よく見ると、真ん中の2列はちょっと違いますよね?
こちらは、タコ、ねぎ、豚ミンチが入った五目焼です。

P1040541.JPG

明石焼は、ソースで食べる「たこ焼き」とは違い、おダシをつけていただきます。
まんまるの明石焼を、カツオとサバからとった優しい味のおダシに浮かべていただくと、
何とも幸せな気分になります♪「あぁ 美味しい☆」

明石焼のほかの蛸料理もいただきました。
蛸酢、蛸煮付、蛸梅、蛸からし、蛸すみそ・・・から選んだのは、

蛸梅と
P1040552.JPG

蛸すみそ 
P1040539.JPG


食欲のない夏には打ってつけの蛸料理です。
蛸には、疲労回復に効くタウリンが豊富なんですよ。

美味しいものをいただくと、自然と日本酒も進んでしまいます~♪


P1040535.JPG
こちらのお店では、特撰がいただけます。
なんと、1合500円というリーズナブルな価格での提供☆

というのも、2代目社長の木村さんは、
「酒はやっぱり日本酒が一番旨い!」とおっしゃる大の日本酒党!
お客様に広く召し上がっていただきたいという思いから、
菊正宗をセレクトしていただき、リーズナブルにご提供いただいているのです。
本当に、ありがたいです!!

こちらのお店の魅力の一つでもあるのが、蛸料理以外のお料理も
すべて美味しいということ!

「本日のおすすめ」から、ゴーヤの水菜
P1040542.JPG
アジの南蛮漬け
P1040549.JPG
豆腐とネギの和え物
P1040553.JPG
こういう一品を、さらっと作れる女性になりたいね・・・☆と
話していたら、ちょこっとレシピを教えていただきました。


他にも、北京料理も!
こちらは、大餅(ターピン)。中華風ミートパイです。
P1040545.JPG

明石焼のお店に、北京料理があるのはどうしてかと思ってお聞きしたら、
先代の方が、戦争中に北京に行かれてた時に身に付けてこられたそうです。

そして、こちらは先代の方のコレクションの江戸末期の器だそうです。
何気なく置いてあるのですが、年代を感じる絵柄が素敵でした♪
P1040556.JPG

また、スタッフのみなさんの御揃いのTシャツには、先代の方の似顔絵がかわいくデザインされていたり・・・

先代の方の技術はもちろん、想いや、心意気といったものもしっかり受け継がれている温かいお店。
いつも、雰囲気がよくて、気持ちいいなぁと感じてきたワケがわかったような気がしました。

さてさて、最後はぜひ蛸でしめて帰りましょう!
蛸チャーハンです。
P1040565.JPG
もともとは、蛸の炊き込みご飯を使った「まかない」だったそうですので、
美味しくないわけがないです!

明石焼からはじまり、蛸チャーハンでしめる。
まさに蛸尽くしで栄養満点でした!

老舗だけあって、昔からの常連さんもたくさんいらっしゃるそうですが、
老若男女がわいわいと楽しめる「蛸の壺」にぜひ!!!


今回お世話になった、社長の木村さん(一番右)とスタッフのみなさまです。
本当にありがとうございました!!
P1040571.JPG


★★★おまけ★★★

日本酒党の社長・木村さんと、常連さんたちとで日本酒談義になり、
大人気のハイボールに対抗すべく、『キクマサ日本酒ハイボール』を
無理言って作ってもらいました。
日本酒の割合を、微調整を続けて作ってくださった社長の木村さん。
フルーティで、より飲みやすい味わいに変身!?
P1040562.JPG

投稿者 wamodern.com : 14:04 | コメント (0)

コメント

コメントの投稿