2010年9月28日

東京・新富町 ひさまつ★グルメレポート★

こんにちは。
和モダン.com(TOKYO)のアイです。
今回は東京のグルメレポをお届けします。

最近めっきりと涼しい日が続いてます。
今年の夏の記録的なあの暑さも
いよいよ終わりな今日この頃。

菊正宗・東京支店のご近所の
ひさまつさんにお邪魔してきました。

1009hisamatu-tentou.jpg


1009hisamatu-kanban.jpg


我が支店のある新富町界隈は
昔ながらのお店や建物が点在する
独特の情緒が残るエリアです。
ひさまつさんはそんな新富町にお店を構えて約30年、
街の人のみならずマスメディアなどの取材も多く、
人々に愛されているお店です。

お店の中に入ります。

カウンター
1009hisamatu-tennai2.jpg

店の奥
1009hisamatu-tennai.jpg


まずはお通しを頂きます。

1009hisamatu-otouushi.jpg

一緒に生貯蔵酒をオーダー。
菊正宗・生貯蔵酒とは、
こだわり醸した本格辛口の本醸造酒をそのまま低温貯蔵し、
瓶詰時に一度だけ加熱処理をしたものです。
爽やかな飲み心地とフレッシュな香味が口の中に広がります。
→詳しい説明はこちらをクリック←

ひさまつさんに行くと、必ず頼む
自家製さつま揚げ
1009hisamatu-satumaage.jpg

鯛のすり身をメインに、タコ、イカ、サクラエビなどが入っています。

生からすりたての自家製なので熱々、
しかもモッチモチ!!
この食感、是非お試しあれ


イカの一夜干し
1009hisamatu-ichiyaboshi.jpg

もうこれがとっても美味しいんです!
ワタが入っているからでしょうか。
お酒にベストマッチ

思わず燗酒をオーダーしちゃいます。


そしておまちかね!
豚の角煮
1009hisamatu-butanokakuni.jpg

言わずとしれたひさまつさんの名物料理、
雑誌などにもよく登場してます。

上の白いものはじゃがいもです。

お肉はお箸で簡単に切れるほど柔らか。
味がよぉく染み込んだ角煮は口に入れると
肉汁がジュワーっと口に溶け出します。

正に絶品です!

〆に
できたてホヤホヤメニュー・ひさまつさん一押しの
築地 チョッちゃんのあなごめし
を頂きました。
1009hisamatu-anagomeshi.jpg

国産のアナゴを使用した贅沢な一品。
こちらはお弁当としても
築地のひさまつさんのお店で販売されています↓
1009hisamatu-anagomeshi2.jpg


チョッちゃんというのはなんとあの黒柳徹子さんのお母さん、
黒柳朝子さん。
黒柳家の思い出の味を忠実に再現したんですって。

ごちそうさまでした!!


ひさまつさんは
活気にあふれた店内、マスターや店員さんの飾らない温かな人柄、
一見さんでも温かく迎えてくれる雰囲気に満ちています。
ランチタイムも営業していて
豚の角煮定食、和定食、焼き魚定食などメニューは8種類ほどありました。
まずはランチからでも訪れてみては?

最後になりましたが
たくさんのお話を聞かせて下さった大将、
温かく迎えて下さったお店の方々、
ありがとうございました。

~~~~お店情報~~~~

ひさまつ
東京都中央区新富1-10-11
TEL:03-3551-2985
営業時間:11:00~14:00
      17:00~22:30
定休日:土・日・祝

投稿者 wamodern.com : 14:37 | コメント (0)

コメント

コメントの投稿