2012年12月20日

東京・西大井 竹むら☆グルメレポート☆

こんにちは
和モダン.com(TOKYO)のアイです。
久々の東京のグルメレポですっ

大正7年創業という由緒正しい
西大井の和洋割烹・竹むらさんにお邪魔してきました。
1211takemura_gaikan_R.JPG


私たちが通されたのはこちら
椅子席のお部屋↓
1211takemura_room_R.JPG
家族で、友人で、とゆっくりと過ごせそうなお部屋です。

席に座ってお料理を待つ間、お盆に載せられた
ナプキンにふと目が留まります↓
1211takemura_tenugui_R.JPG


店主のお母様がデザインしたという
ナプキン代わりの手ぬぐい。
粋なはからいですね。
(こちらお持ち帰りOKだそうです♪)


●季節のお通し
1211takemura_otooshi_R.JPG


シェフが季節に合わせて用意して下さったお料理に
日本酒「菊正宗」をお燗にして頂きます。
右の青磁の小鉢は自家製塩辛
塩分控えめで上品なお味にお持ち帰り希望のお客様多数だそうです。
(でももちろんダメですよ)
お酒にとっても合います♪

次はなんと
●鴨のフォアグラ 
1211takemura_foiegras_R.JPG


外はカリッ、中はトロッの食感が素晴らし~~い。
プラムのソースも美味でした。
酸味のあるさっぱりしたわさび菜と豆のサラダとの
相性もバッチリ★。

●和食の3品
1211takemura_washoku_R.JPG

前のお皿とはうってかわって
ザ・和!の数々
刺身、酢の物、松茸の土瓶蒸し

先ほどのフォアグラに引き続き
こんなに贅沢しちゃってよいのでしょーか?!

1211takemura_sunomono_R.JPG

おなじみの酢の物もシェフの手にかかるとこんなに見目麗しく。
先々代から受け継がれてきている一品だそうです。
周りのゴマダレの上品な甘さと酸っぱさが相まって絶妙でした★

お酒も追加でオーダー。
菊正宗を常温で。
酒器の切子が涼やかで素敵です。

松茸の土瓶蒸し
1211takemura_dobinmushi_R.JPG

汁を頂きながらお酒を頂く。
不思議な感じですが違和感まったくなしで
お酒のあてにぴったりなんですよ~~。
はぁ~贅沢~~

こちら竹むらさんには
小さな滝があるステキな中庭があり
どのお部屋からも眺めることができます。
1211takemura_nakanuwa_R.JPG

左奥に写っているのは広い和室で
大人数の法事や会合など様々な用途で使えるそうです。

メインの肉料理
●牛フィレのグリル
1211takemura_main_R.JPG

シェフ渾身のソース「カフェドパリ」とともに
口に運ぶと・・・・
美味しい~~
んー、取材に行って良かった♪
衣を付けてさっと揚げただけという付け合わせのお野菜たちも
とっっても美味しかったです。

で、で、ですね~
実は謝らなければいけないことがございまして(^_^;)
なんと撮影する前にお料理を頂いてしまったのです!!
だって~
美味しそうだったんだもーーーーん

スミマセン・・・・m(_ _)m

ですので上の写真は、私が2切れほど頂いた後の写真です。
謹んでお詫び申し上げます。。。。。

最後に
●デザート
自家製モンブランをアイスクリームにかけて
ティラミス
ヨーグルトムース

1211takemura_dessert_R.JPG

埼玉の御実家から送られてきたという栗を
丁寧に手作りされたという栗ペーストが
本当に美味しかったです。

和も洋も季節を感じるハイレベルなお料理たちで
もう本当にお腹いっぱいでした
ごちそうさまでした。

こちらにいらっしゃるお客様は
和に合わせて日本酒を、
お肉に合わせて赤ワインを、と
お酒もとりどりに楽しまれているようです。


最後になりましたが
取材に快くご協力頂き、有難うございました。


**********************
お店情報
和洋割烹 竹むら
東京都品川区大井5-12-3
TEL:03-3775-0351
ディナーは前日迄に予約をお願いします
月曜日定休
ランチ  11:30~13:30ラストオーダー
ディナー 17:30~19:30最終入店 22:00閉店

投稿者 dg_yoshida : 14:00 | コメント (1)

コメント

アイさん、随分贅沢しましたね。(笑)

落ち着いた個室で、和食も洋食もすごくおいしそうです。
年配の方の接待や家族の記念日に是非利用してみたいと思います。

投稿者 yosshiy : 2013年1月 7日 18:57

コメントの投稿