2013年6月 5日

グルメレポート☆神戸元町 うなぎ「横丁」でパワーアップ!

こんにちは。お久しぶりでございます。
和モダン.com 神戸よりogawaです。
皆様お変わりないですか?

爽やか&ちょっと梅雨の5月が終わり、気の早い暑さに負けそうです。

湿気や暑さにバテる前に!元気をつけましょう!

今回のグルメレポートは、「うなぎ 横丁」さんです。

元町駅を南に、元町商店街を越えたあたりにお店があります。
IMG_2006.JPG
うなぎちゃんに出迎えられ
IMG_2007.jpg
緑に誘われ入ってみると、
IMG_2009.JPG

やさしそうなご主人とにこやかなかわいらしい奥様が迎えてくださいました。

老舗の和空間に流れる琴の調べが慌ただしい日常を溶かしてゆきます。
落ち着くわあ。。。
庭.jpg IMG_2020.jpg

まずは、冷やした「きもと吟醸雫瓶」「うなぎの肝煮」を頼みます。
IMG_2022.jpg
乾杯!ひんやりスッキリ呑みやすい♪
IMG_2017.JPG
「うなぎの肝煮」ってちょっと珍しい気がします。
さて、ひと口。
ん~っ!!! 肝の煮こごり! 鼻にぬけるショウガや山椒の香り。
☆お酒に絶妙に合う美味しさ☆です。

そして、、、、、何が出るかな?
IMG_2023.JPG
じゃーん♪
IMG_2024.jpg
やっぱり食べたい「う巻き」です!
IMG_2025.jpgIMG_2028.jpg
2つに分けてくださる心配りが嬉しいです。
2、3人でシェアして、いろいろな種類を味わうのもよいですよね~。美味しいなぁ。

IMG_2035.JPG
「骨せんべい」
塩がきいててパリッパリ!
これは止まらない、お酒と交互に止まらないです。(笑)

IMG_2041.jpg
「きもと吟醸」の次は、燗酒を!燗酒好きです。
ほっこりするー。


「肝焼き」も気になってしまい。。。注文。
お好みで山椒をふりかけてね♪と奥様。
美味しそう~♪
IMG_2043.jpg
コリッコリとふわっふわのとろける感じが同居して美味☆☆☆

このタレは奥様も作り方をご存知ない「秘伝のタレ」とのこと。
飽きのこないまろやかな味を追求されたというご主人。
阪神大震災の時もわずかに残った貴重なタレを少しずつ徐々に復活させたのだそうです。
うぅ、「秘伝のタレ」のうな重も、ますます楽しみになってきた~。

とその前に

「白焼き」
IMG_2050.jpg
白焼きの出せる店は間違いないっと昔先輩に聞いたなぁ。
ふわふわと脂ものりつつ、香ばしさもあり、元気がでました!
IMG_2051.jpg
鰻は片手間ではできない、と鰻をメインにして50年。
3代続けて通われる常連さんなどもいらっしゃり、そのお子様達の成長も楽しみなのだとか☆

そしていよいよ、、、「うな重」です。
IMG_2058.JPG
美味しそう~っ!!!

さて、この「横丁」の鰻。
江戸風は背開きで、蒸してふんわり、関西風は腹開きで、焼いて香ばしい
そんな印象がありますが、「横丁」の鰻は、中間をとって名古屋風?
お客様の満足感を追求した結果、関東風だけど、関東ほど蒸さず、関西とも違う
そんな逸品になっているそうです。

IMG_6271.jpg
関東風より香ばしく関西風よりふわっとして格別☆美味しい~♪♪♪
秘伝のタレがごはんまでしっかりしみこんでいて夢中で食べてしまいました。
肝吸いはよくありますが、肝入りの赤出汁がついてるのはこれまた珍しいですね☆
ん~これで夏も乗りきれそうです。


IMG_8043.jpg
いつ訪れても同じ味になるように努力されているお姿、
丁寧であたたかいお人柄、とっても応援したくなりました。
ご主人、奥様、いろいろと本当にどうもありがとうございました。

皆様も「横丁」でパワーアップ、いかがですか?

うなぎ横丁
住所: 神戸市中央区元町通1丁目6-17
TEL: 078-331-0054  
FAX: 078-332-6678
営業時間: 11:00~21:00
定休日: 日曜日(連休振替あり)
是非一度お試しあれ♪

投稿者 wamodern.com : 14:08 | コメント (0)

コメント

コメントの投稿