2015年9月 3日

グルメレポート☆関西で江戸前の蕎麦を味わう☆神戸元町「薫庵」

こんにちは。
和モダン.com kobe の ogawa です。
気が付けば9月。はやいですね~。
秋の楽しみ、たくさん満喫したいですね。

さて、今回は、関西でお蕎麦!
うどんが優勢の関西で、これはちょっと珍しいですよ。

その名も、江戸前そば「薫庵」(くんあん)

さぁ行ってみましょう。あかりと植物に迎えられる入口。
00入り口1.jpg
地下鉄県庁前駅徒歩1分、JR元町駅からも歩けます。
00木彫り.jpg
扉も素敵だけど、こちらが気になる。てづくりですよね~。


そして、店内。
02店内.jpg04店内.jpg
なんとも落ち着く雰囲気の良さは、
やさしい灯りと、樹齢500年という一枚板の机、
古いものをリフォームしたという水屋箪笥や、
控えめに流れるBGMの絶妙な調和からでしょうか。
05一枚板.jpg
さっさ、まずはお酒を。
06酒1.jpg

私は上撰の燗酒を。
06酒2.jpg
いい燗です。これから少しずつ涼しくなるとより燗がしみますね。
07樽酒グラス.jpg

こちらは樽酒を冷えたグラスで。乾いた喉にくーっときます。



さてさて、こちらは何でしょう。
08とうもろこし天1.jpg
サクサクで、つぶつぶで、甘くて美味しい、
食べやすい形にしてあるのもGood!な
08もろこし拡大IMG_2144.jpg
08とうもろこし天2.jpg

「とうもろこし天」です。
とうもろこしの甘さと衣のしょっぱさがひきたてあって、くせになる旨さ!

 
 
きこえてくる調理の音が、ま、まちどおしい。。。
09だしまき.jpg

しっとりふわふわの「だし巻玉子」


そして「そば屋の大根サラダ」
10そばやサラダ1.jpg
さすがおそば屋さん!カリカリのおそばがのっています。
10そばやサラダ2.jpg
かいわれの苦みをアクセントに、
梅とシソのドレッシングがさわやかに効いてます!

 
11揚げ出し豆腐.jpg
食べやすいサイズもいい「揚げ出し豆腐」
3色美しいですね。やわらかくてペロリ。
11揚げ出し2.jpg

 
江戸前そば、というのは、基本的にないようですが、
関東の蕎麦ですよ、という印象をよりもってもらうために
付けたそうです。

今年で10年(オメデトウゴザイマス)、8割のお客様がリピーター
とおっしゃるご主人は、なんとその昔アパレル業界にいらしたとか。
なるほど、このセンスの良さはその経験からなのでしょうね。


こういうの呑んだことある?とダンディーなご主人。
いやいや初めて、なのでいただいてみました。
「焼酎のそば湯割り」
12焼酎.jpg
セレクトした芋と蕎麦の香りがまろやか~にあったまる!
焼酎初心者の私も美味しくいただけました。
12syoutyu.jpg
底に残ったとろっとしたそば湯がまた嬉しかったです☆


一杯呑んで、アテをつまんで、そばで締めてさっと帰る、

そんな粋な江戸っ子のように、なりたいもんですが、

気になるメニューもまだあったり。。。カツ皿、気になる。。。

いやいや、通えばよいんだ、とばかりにそろそろ〆のおそばへ。

 
「天ざる」 
12天ざる1.jpg
おそばがつやつや、細くてコシがあって美味!
12天ざる2.jpg
天ぷらが、また、美味しい!
12天ざる3.jpg
嬉しいことにおそばの量も多めです。

「鴨せいろ」
13鴨せいろ.jpg
おそばが細めなので味がよくからみます。
一口ほおばった瞬間、ゆずの香りが広がりました。

 
「かき玉」
14かき玉.jpg
これから肌寒い季節にいいですね。
しょうがが効いていてあったまります。

15そば湯.jpg
そば湯好きとしては、これがなくっちゃ。

お店の雰囲気もさることながら、器も素敵だなぁ、と思っていたら、
立杭焼き(たちくいやき)の器を窯元で焼いてつくってもらっているそうです。

 
ん~満足!
関西にいながらにして、すっかりおそば屋さんを満喫することができました。
皆様も是非♪

 
ご主人、スタッフの皆様、いろいろとありがとうございました!
16マスター.jpg
「薫庵」はご主人のお名前「薫」さんが由来。


<おまけ> 
後日、、、、早々にランチを食べに行った同僚より。
16後日ランチ.jpg
ん~、ランチも行かなくっちゃ!

 
皆様、良い秋をお過ごしください♪


江戸前そば「薫庵」(くんあん)
営業時間:11:30~14:30
       17:00~21:00 土曜日は昼のみ
定休日 :日曜日、祝日
住 所 :神戸市中央区下山手通5-7-15 グローリー山手ビル1F
電 話 :078-341-7017
☆地下鉄県庁前駅 西4号出口 徒歩1分

ちりめん.jpg

投稿者 wamodern.com : 11:55 | コメント (0)

コメント

コメントの投稿