2016年3月23日

☆グルメレポート☆1人でも2人でも通いたい☆「食彩 七Fukurou」☆

どこからともなくやってくる沈丁花の香りに春間近♪を感じる今日この頃。
いかがお過ごしですか?
和モダン.com kobe の ogawaです。

またまた素敵なお店に出逢ってしまいました。

お近くの方はご存知かもしれませんね。
六甲道「食彩 七Fukurou」さんです。
JR六甲道駅に近く、阪神新在家駅からも歩くことができます。

かわいいフクロウちゃんがお出迎え。
kanban01__IMG_9819.jpg
おっと、椙玉と共に、菊正宗の文字が店頭にどどん!
ちょうど菊正宗半額フェアを開催中のようです。(~3/31)
entranc01__IMG_9816.jpg
お店に入ると、なんだかとってもあったか〜い!
お店の温度や灯りだけでなくなんだか雰囲気があたたかい、そう感じました。
tennaiIMG_9822.jpg
カウンターにもテーブルにも、既に常連さんがちらほら、、、しかも女性が多いのデス♪

私たちも、まずは「すだち冷酒」で乾杯〜!
sudachi01__IMG_9821.jpg

爽やかだ〜。

はじめに、おかみさんオススメの「若竹煮」を。
wakatake01__IMG_9823.jpg
口いっぱいに広がる春の味♥️
筍の歯ごたえとやわらかさ、いいお出汁♪
やさしい味にほっとします。
wakatake02__IMG_9001.jpg

つづいて
sasimi02__IMG_9003.jpg
「おまかせお造り」
一口食べれば、その新鮮さ!が分かります。
sasimi01__IMG_9007.jpg
それぞれの旨さに合わせるのはやっぱり日本酒でしょう!

燗酒1本!
sake02__IMG_9837.jpg

上撰 きもと 本醸造を。ん~いい燗です〜。

気になるメニューがたくさんあって、迷ってしまいます。

生を味噌で食べたことはあるけれど、天ぷらは初めてのコチラをいただくことに。
rakkyo02__IMG_9010.jpg

「島らっきょう 天ぷら」です。お塩でいただきます。
これは、お酒が止まらなくなる美味しさ!
島らっきょうの辛みやくせが、天ぷらにすると程よくやわらいで良いのでは?と
アイディアマンのご主人。まさに辛みが押さえられていてぺろりと食べてしまいました。


nagaimo02__IMG_9017.jpg
 
「長いもバター醤油焼き」
ん~これが好きな女子は多いはず!バターの風味とほのかなお醤油がきいています♪


sinjoage01__IMG_9839.jpg
 
「とうもろこしといとより鯛のしんじょう揚げ」
いとより鯛、西日本に多いお魚のようです。
揚げたてをパクリ!とうもろこしの甘みをアクセントにこれまたお酒が止まらない美味しさです。
一口サイズなのがまた嬉しい!

女性が安心して一人で入ることのできるお店、
きちんと美味しいお料理とお酒を楽しめるお店、
コンセプトに2年ほど前にこちらのお店を始めたという「食彩 七Fukurou」さん。
器にも素敵なこだわりが感じられ、お料理も一口サイズにしてあったり、
後ほど出てくる唐揚げも1つから頼むことができたり、、、心配りを感じます。
女性のお客様が多いのも頷けますね。

近くの常連さんにもオススメを聞いてみました。
nananohanaIMG_9847.jpg
菜の花のちょっとした苦味がまた美味しい「春野菜のあっさり炒め」
nanohana01__IMG_9023.jpg
ここは、香る純米酒「香醸(こうじょう)」を合わせたい!
sakekoujou02___IMG_9034.jpg
並々と、あふれる〜〜!枡いっぱいまで注いでくださいました。

新開発の酵母のはたらきで、
純米酒の旨みはそのままに、吟醸のようなフルーティーな香りを実現した「香醸」
キリリと冷やしてスッキリと。普段は主にワインを召し上がる方にもお試しいただきたい日本酒です。
kojo.jpg

さてさて、お腹はだいぶ満たされてきたのですが、食べてみたいメニューがまだたくさんあるのです。
干ホタルイカの炙り、鶏皮巻餃子や、人気で品切れだった蔵王クリームチーズも気になるところ。。。

これだけは外せない!?
karaage01__IMG_9029.jpg
「若鶏の唐揚げ」1つから注文できるのがやっぱり嬉しい☆
レモン汁をかけて♪
カラリと揚がっていて、肉汁!弾力!お肉の酸味と旨み!

たとえお腹がいっぱいでも不思議といくつも食べられてしまいそうな美味しさです。
お酒にも合いますね。

〆のご飯をシェア。
オススメの鶏マヨ丼も気になりましたが、がっつり食べたい方向けとのことで
今日のまかない丼、「やわらか煮豚丼」をセレクト。
makanai02___IMG_9026.jpg
や〜わらかい、とろける煮豚と、タレのしみこんだご飯も美味しい〜☆

お店のほっこりあたたかい雰囲気は、お料理に真摯に向き合うご主人と
朗らかで笑顔がかわいいおかみさんのお二人が醸し出しているのだなぁ。
Futari03_IMG_9031.jpg
と、すっかりくつろいで、ほろよい。お料理とお酒を存分に堪能することができました。
七Fukurouの皆様、常連の皆様、いろいろとありがとうございました!

金曜日はお寿司もメニューに登場するとか。ランチも人気のようですよ。
コチラに画像がたくさんのっています。気になるメニューがさらに増えてしまった~(笑)

食彩 七Fukurou
住  所:神戸市灘区備後町5-3-1 ウェルブ六甲道1番街112
電話番号:078-855-5543
営業時間:11:30~14:30(ランチ)
     17:30~23:00(L.O 22:30)
定 休 日:日曜日
7fukurou__IMG_9014.jpg
皆様も是非♪

それでは、元気に良い春を迎えましょう。

投稿者 wamodern.com : 11:11 | コメント (0)

コメント

コメントの投稿